2021.2.27 幾何学と天文学のあいだ

(スタッフ本間)
数学について、今回は、幾何学天文学のあいだを覗いてみました

他面から言うと、物体さえも、実体たる点においては、面よりも劣っており、面は線よりも、線は点よりも劣っている。
というのは、物体はこれらによって限定されており、そしてこれらは物体なしにでも存在しうるのに物体はこれらなしには存在しえないと考えられるから。
(アリストテレス)

形や位置変化による運動に於ける性質を明らかにする部門、即ち形状、量、大きさ、場所、時間その他は我々の研究対象であり、この部門こそいわば神学と物理学との中間にあって数学を構成する。
(プトレマイオス)

諸天体の運動が円状であることをわれわれは思い起こすことにしよう。というのは、現に自らの形を最も単純な立体[=球]に表現している天球のもつ可動性は、円状に回転することであり、等しく自らのうちへ動くかぎりにおいて、そこには始めも終わりも見出だせず、一方を他方から区別することもできないからである。
(コペルニクス)

源泉から発して宇宙空間を伝播する力や、それによりある場所で時間をかけて遂行される運動などは全て幾何学的な事柄である。
それ故、実際にこの力は他の幾何学的な必然性にも従属する。
(ケプラー)

論理學は推論のすぐれた手引ではありますが、発見への刺激といふ点からみれば、幾何學に属する鋭い類別力には較べものにならない
(ガリレオ)

二種類の精神があるのだ。
一方は、原理から発する帰結をすばやく徹底的に見極めるが、それは適切の精神である。
他方は、多数の原理を混同することなく理解するが、それは幾何学の精神である。
(パスカル)

江戸中期から後期の画僧、仙崖義梵(せんがいぎぼん)が「○△□」が重なる絵を描いてますが、あれも幾何学の精神でしょうか。

人は幾何学によって、広い宇宙を想像し、ドキドキしていたんですね。

ご参考
アリストテレス形而上学」出隆訳、岩波文庫
アルマゲストプトレマイオス著、藪内清訳、恒星社厚生閣
「完訳 天球回転論」コペルニクス天文集成、高橋憲一訳・解説、みすず書
「楕円軌道の発見 新天文学ヨハネス・ケプラー著、岸本吉彦訳、工作舎
ガリレオ・ガリレイ 新科学対話」今野武雄、日田節次訳、岩波文庫
「パンセ」パスカル著、塩川徹也訳、岩波文庫

プトレマイオスコペルニクスの間を知りたい方は、「完訳 天球回転論」の解説を読んでみて下さい。

 

 

2021.2.20 ①生徒&②スタッフ二本立て

①こんにちわ、前回も書かせてもらったここの塾生です。

 

僕は最近雑談などをしてもらって過ごしているんですが、改めてここの塾を選んで良かったと思いました。

理由としてはまず勉強に気が向かない日などに雑談を挟めるからです。また先生側が話題や面白いエピソードトークなど色々してくれるからです。

やはり1番の理由は普通の塾とは違ってどんどん進めたり宿題がないことですね。

 

前回にも書いている通り自分のペースで進められるメリットとしては個人で教えてもらっているからわからないところをしっかりと聞けることです。

 

後は宿題のことですが、長くなっているので前回のもぜひ見てください!!

f:id:youthcom:20210220133858j:plain

②スタッフ本間

数学は卒業したら使わないのに、
と言う生徒さんの独り言に、
心の中でうんうんと言ってしまった私。

ラファエロの絵画「アテネの学堂」の気分で、
ちょっと、数学について、古代ギリシャの賢人の言葉を調べてみました。


"一"とはそれ自体としてそもそも何であるのかと、問わざるをえなくなるだろう。
(プラトン)

果して一とか存在とかいうのは、ピタゴラスの徒やプラトンの説いたように、実体より以外の或る属性的なものではなくて、それら自ら諸存在の実体なのであるのか、
あるいはそうではなくて、かえって或るなにものかが別にそれら[一とか存在とか]の基体として存在するのではあるまいか。
(アリストテレス)

単位とは存在するもののおのおのがそれによって1とよばれるものである。
数とは単位から成る多である。
(ユークリッド)

「神は光と闇とのあいだを分けて、光を昼と呼び、闇を夜と呼ばれた。そして夕べとなり朝となった。一日」[創世記]
第一日とは言わず、一日と述べるのはなぜか、考察しよう。
それは、世界が存在するようになる前には、まだ時間は存在しなかったからである。
(オリゲネス)

ちなみに、、、

もし古典的一般相対性理論が正しければ、時間のはじまりは、無限大の密度と無限大の時空湾曲率をもつ点である。
(スティーヴン・W・ホーキング)

直行座標系には、原点(0,0)がありますが、0と1のあいだは、どうなっているのだろう。
続く。

ご参考
「国家」プラトン著、藤沢令夫訳、岩波文庫
アリストテレス形而上学」出隆訳、岩波文庫
ユークリッド原論[増補版]」中村幸四郎、寺阪英孝、伊東俊郎、池田美恵訳・解説、共立出版
「中世思想原典集成精選-1」上智大学中世思想研究所編訳・監修平凡社
「ホーキング、宇宙を語る」スティーブン・W・ホーキング著、林一訳、ハヤカワ文庫

 

 

2021.2.13 スタッフ・生徒・スタッフ 3本立て

生徒さんからいただいた質問の答えを確認すべく、
1917年初版のある本を読んでいた時のこと、
こんな記述を見つけました。

たとえば、一片の雲がポツダム駅の上空に浮いていているとすれば、雲のところまでとどくようにそこに垂直にポールを立てて、、、

ん?ポツダム宣言ポツダムでは?

その本は、
「特殊および一般相対性理論について」
アルバート・アインシュタイン著、金子務訳、白揚社

これは、座標系についての説明の一部です。
ですが、ヨーロッパを襲った2度の世界大戦のことを考えると、この地名の選択が、何か特別なものに思えてきて、
天才によるひらめきか、それとも、、、
フロイトなら渋い顔をするかな、とか。
しばらくぼーっとしてしまいました。

ポアンカレ政権下のフランスでは、プルーストの「失われた時を求めて」がこの頃出版されています。

この本では、相対性理論についての親切丁寧な説明がこの後も続いて、最後はこんな言葉で結ばれています。

物理的対象は空間の内にあるのではなく、空間的に拡がっているのである。こうして<空虚な空間>という概念はその意味を失うのである。

まずは、空間=箱というイメージを無くすことですかね。

生徒の皆さん、本読みましょう。
たまには難しい本も。(スタッフ本間)

f:id:youthcom:20210213115211j:plain

 

はじめまして、僕はこの塾の塾生です

 

塾を通おうか迷っているならこの塾をおすすめします

 

理由としては塾の宿題がでないので宿題に追われるなどのプレッシャーがなくむしろ学校の宿題でわからないところを消化できるので家での自由時間が増え、充実した生活をおくっています

 

もうひとつの理由としては教えてくれる先生がとても話しやすい事です

先生と話しやすい事によってわからないとこを聴きやすく勉強のペースが早くなり色々な科目に向き合えるところです

 

少しでも気になったら見学などもできるので是非!

 

 

 

 

こんにちは、昨年10月からこちらの塾ににおじゃましている中尾です。

昨年から大田区に引っ越してきて、何かボランティア活動をしたいな…というときにこちらを見つけました。

土曜日の午後に生徒さんやスタッフさんとまったりと交流していると、日々の疲れも癒されます。
あ、もちろん勉強もいっしょにしています。

普段は、非営利団体の事務職員をしています。
今は人事の仕事をしていますが、災害救護や国際援助に関係した業務をしていたときもあります。

私の所属する団体では、ジョブローテーションと言って、数年毎に部署異動があるため、長く働いていても日々勉強、新鮮な気持ちで仕事に取り組めるのが良いところです。
また、非営利団体なので、営利目的でない支援活動に全力で取り組むことができます。

どんな仕事をしていても、どんな環境にいても、楽しいことも大変なこともありますよね。

教室にはいろんなスタッフさんがいるので、普段どんなことをしているのか、聞いてみるのも楽しそうですね。

 

2021.2.6

自由塾生徒の YUZUです。 

 

2月になり初めての自由塾ですね。

さて、受験が終わった人、これからの人もいますが、緊急事態宣言が延長されスタッフさん、生徒たちも不安の中頑張っています。

f:id:youthcom:20210210152822j:plain

以前よりも感覚をあけています

(以下教室長)

自分の勉強の後にここまで書いてもらい、タイムアップとなりました。初めての記事ありがとう。またよろしくお願いします。

教室は引き続き感染症への配慮を行いながら、運営を行っております。

 

写真手前にもあるように、遠方スタッフもリモートで参加してもらうなどの工夫もあり、助かっています。

 

昨年経済産業省の標語に「学びを止めるな」というものがありましたが、生徒もスタッフも慎重に、しかし自分たちの学びを止めることなく、今日も緩やかに進行しています。

 

 

2021.1.16

教室長です。

新年明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

昨年度末からの感染症影響を受け始めてもうすぐ一年が経とうとしています。

先日の9日に東京都内にも緊急事態宣言が発令されました。

 

これについては運営の協議の結果、様々な視点から鑑みて、私たちの蓮沼教室に関しては日中ということもあるので、今まで以上の配慮のもと、慎重に開催を継続していくこととしました。

 

具体的には消毒等の徹底のほか、スタッフの人数制限や遠方スタッフのオンライン対応を追加しています。

 

また生徒にも希望があればオンラインでの学習対応をできる旨を伝え、少しでも体調に不安のある生徒にはお休みかオンラインに回ってもらうことを伝えています。

 

教室内は少し冷えはするものの常時換気も行うので、上着などを着用しながら学習をする姿も見受けられています。

 

都立の推薦入試も近いので、特に中学3年生は体調管理、環境管理などを徹底していけるようにしたいですね。

 

学校も出席停止扱いができるようになったということで、今後自宅学習を行うという生徒もいます。

 

引き続き慎重に教室を運営してまいります。

 

本年も改めましてよろしくお願い申し上げます。

12.26 年内最後

スタッフ岡村です。

年内最後の土曜日である今日は、自由塾も年内では最後の回となります。
来週には年が明けている……何だかびっくりです。

生徒の皆さんは学校が冬休みに入りました。
二学期の復習や通知表の振り返り、受験生は受験対策など、皆さんそれぞれの課題に取り組んでいます。

今年は、教室も一時休止となるなど、各方面で新型コロナウイルスの影響が避け難い一年でした。
残念ながら、収束はまだ遠いかもしれません。ですが、今後も感染対策をしっかりと行い、リモートも活用しながら、生徒さんを支援していけたらいいなと思います。

f:id:youthcom:20201226134820j:plain

 

教室長です。

大変な厄災に見舞われた2020年も間もなく終わろうとしていますね。

本教室も前年度から教室の移動、アクティビティーの中止、イベントの中止、オンラインの整備など体制の変更が余儀なくされてきましたが、生徒・保護者・スタッフのご理解や協力のもとに本年も無事に教室を終えることができました。

 

2021年もより感染症への対策を徹底しながら、受験生は受験に向けて、それ以外の生徒も基礎学力の向上と社会性を深められるよう教室を運営していきたいと思います。

 

本年もありがとうございました。

 

皆さまも良いお年をお迎えください。

 

自由塾蓮沼教室長 奥村天志

卒業生スタッフ西川です。

 

2020年も残り2週間を切りましたね。新型コロナウィルスの影響で3月から全ての学校で一斉休校を皮切りに4月には緊急事態宣言が発令されるなど生徒さんの学校生活はじめ自由塾の運営にも大きく変化していきドタバタした1年だったと思います。

f:id:youthcom:20201219142345j:plain

中学3年生はどんどん対策を始めています


年明けから中学3年生は高校受験の追い込みになりますがコロナに負けず希望の道に進めるように頑張ってほしいですね。感染症対策を行いつつ生徒さんを全力でサポートしていきます。

 

2020年も残り1回となりますが引き続きよろしくお願いします。